Photo歳時記  7月 (学者村発)


今年もバラのドライフラワーが美しく仕上がりました。
5月に海野宿で花を買い、ログキャビンで乾しました。
葉っぱは半年ほどこの緑色のままです。
ウツボグサ

いたるところで咲いています。
シモツケソウ(車山湿原にて、7月14日)

今年は早くも秋が近づいています。
カラマツソウ(左に同じ)

ヤナギラン、マツムシソウも見頃になっています
タマゴタケ(学者村近辺にて採取)
30秒ほど沸騰した湯で煮た後、オリーブオイルでソテー風
にして食べました。マツタケに似た香ばしさと、ナメコより少し固めの心地よい歯ざわりは、さすがにヨーロッパの「シーザー」のキノコと間違われただけあって、じつに素晴らしいキノコです。また探すのが楽しみです。
なお、ジコボウなど他のキノコも出はじめています。
ジコボウ、カラカサタケも食べました。
まな板の上のタマゴタケ
右端の卵そっくりの幼菌の白い部分を剥いた
後です。この白い胞と根を取ればすべて食べら
れますが、真っ赤なキノコにはベニテングタケの
ような猛毒のものがありますので同定(識別)の
自信のない方には、お勧めしません。

Photo 歳時記 back numbers
学者村の野鳥たち 温泉情報(周辺公共浴場)
身近な野鳥たち 丸太小屋だより(笠取峠)
山野の花 野天風呂
世界の野鳥たち ホームページへ