Photo歳時記  9月 (学者村発)

秋の山歩きは大変忙しい
空と梢と地面をよく見なければならない
タカ、木の実、キノコ


サシバ(鷹の仲間)
写真をクリックして
9月19日乗鞍高原白樺峠でワシ・タカの渡りを
見てきました。2時間半くらいの間に200羽をこえる7種類の猛禽類を観察できました。伊良湖岬にくらべて近くで見れます。
乗鞍までは学者村から車で1時間半です。
まな板の上のタマゴタケ

7月から9月20日まで採取できました。
十分ご馳走になりましたがまだ生きています。
味覚の秋

キノコも木の実も旬です
でも、今年の木の実は結実のあとに長雨で落下して、実りが減っています
リスクの秋

ベニテングダケ(猛毒-真田町では塩漬け処理で食用)の写真です。左のタマゴタケに似ていますので自信のない人は採らないで下さい。学者村には大変立派なテングタケ(猛毒)も沢山発生していました
   
今年の新酒、仕込みを終わりました
サルナシ酒、ボケ酒、マタタビ酒、ハナイカダ、チョウセンゴミシ、ノバラ・・・
ハナイグチ、最近は減ってきました
   
 左:ベニテングダケ(毒)、 右:タマゴダケ(キノコの女王)  タマゴダケ、 卵から出てきます
   
 ベニテングダケ(毒)、 タマゴダケと間違えないで!  カラカサダケ、 網焼きで麺つゆが美味しい
乗鞍高原 on Sep 20(乗鞍岳頂上より)

スキー場の上からハイマツ地帯まですでに紅葉の真っ盛りで、ナナカマドの実も葉も美しく真紅に輝いています。
乗鞍岳剣ケ峯より槍穂高連峰
雨続きでしたが19, 20日だけは快晴でした


アサギマダラ

東北から沖縄まで渡りをする謎に包まれた蝶です。この写真は小仏峠でサラシナショウマに止まっているのを見つけたものです。
番所大滝 at 乗鞍高原
黒光りのする岩盤を滑り落ちる大滝は予想外に勇壮でした。